博士前期課程 (数学・情報数理学コース)


学位授与の方針

■「自由・自立の精神」

純粋数学、応用数学、情報数理という枠組にこだわることなく連続した分野として視野に入れ、数学的思考によって自らを高め、それを基に主体的に行動できること。

■「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

数学、情報数理学の知識および論理的思考をもとに柔軟な応用能力を身につけることで自らの価値を高め、社会の諸分野で自らの活躍の場を追求できる者となること。

■「専門的な知識・技術・技能」

数学的思考の礎となる数学、情報数理学の専門的な知識を習得し、社会と関わる局面の中で論理的な思考、検討を行い、問題解決に資する能力を獲得すること。

■「高い問題解決能力」

修了要件として課せられた科目で修得した高度な専門的知識を活用できること。修士論文の研究テーマを見つけ、研究を遂行することを通して、問題の解析、情報の収集、現状の分析等を行い、論理的な思考と自由な発想で問題解決に取り組む能力を身につけていること。また、成果を他者と共有したり、プレゼンテーションすることができること。


教育課程編成・実施の方針 (数学・情報数理学コース)

■「自由・自立の精神」を堅持するために

数学・情報数理に関する高度専門職業人を目指す学生に、幅広い学識を修得させる教育課程を提供する。 論理的思考、柔軟な発想、深い洞察に基づき統合された知の基盤を活用して主体的に行動する能力を涵養する。

■「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために

地球規模的な観点から数学・情報数理の社会、文化的位置付けを理解し、幅広く深い学識を修得できるような教育課程を編成し提供する。 論理的思考、柔軟な発想、深い洞察に基づき、グローバルに発信、協働する能力を涵養する。

■「専門的な知識・技術・技能」を修得するために

数学・情報数理についての幅広い学識と、論理的思考、柔軟な発想により専門性の高い研究能力を修得できる教育を提供する。

■「高い問題解決能力」を育成するために

数学・情報数理についての高度な知識を統合・整理することにより、問題の分析、関連情報の収集を行い、論理的思考、柔軟な発想、深い洞察によって問題解決へのプロセスに取り組み、その成果を他者と共有、発信できる能力を養うことのできる機会を提供する。


博士後期課程 (数学・情報数理学コース)


学位授与の方針

■「自由・自立の精神」

高度な数学的手法をもとに、純粋数学、応用数学、情報数理という枠組にこだわることなく連続した分野として視野に入れ、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行えること。

■「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」

数学、情報数理学についての豊かな学識および論理的思考をもとに、高度な研究能力を身につけることで自らの価値を高め、社会の諸分野で自らの活躍の場を追求できること。またグローバルな視点を持ち、研究成果を国際的に発信できること。

■「専門的な知識・技術・技能」

数学的思考の礎となる数学、情報数理学の専門的な知識および技法を習得し、高度な研究能力を身につけ、新しい知見を得ることができること。

■「高い問題解決能力」

高度な専門領域の知識を身につけ、それをもとに問題を整理、抽出して課題を設定し、主体的に研究計画を立て、論理的思考と自由な発想で研究を遂行することができる。その成果を国際的なレベルで他者と共有したり、プレゼンテーションすることができること。


教育課程編成・実施の方針 (数学・情報数理学コース)

■「自由・自立の精神」を堅持するために

数学・情報数理に関する深い専門性が必要とされる多様な研究・教育機関の中核を担う研究者、もしくは大学教員を目指す学生が、自ら研究課題を設定し、自立した研究活動を行える能力を修得させる教育課程を編成し、提供する。

■「地球規模的な視点からの社会とのかかわりあい」を持つために

大学などの研究・教育機関あるいは産業界の中核を担う研究者、教育者、指導者として数学・情報数理の知識および思考方法を通して、地球規模的な視点から社会とかかわり知的活動を行う能力を修得できる教育課程を編成し、提供する。

■「専門的な知識・技術・技能」を修得するために

数学・情報数理についての幅広い学識と、論理的思考、柔軟な発想により創造性豊かな高度な研究能力を修得できる教育を提供する。

■「高い問題解決能力」を育成するために

数学・情報数理についての高度な知識に基づいて、問題を分析し、関連情報の収集を行うことで、主体的に課題を設定し、論理的思考、柔軟な発想、深い洞察によって研究を遂行すること、およびその成果を国際的なレベルで、他者と共有、発信できる能力を養うことのできる機会を提供する。